品質/環境保証
品質保証品質政策 | 品質管理品質マネジメントシステム | 環境政策





1. 進料檢驗 (IQC):
生産ライン投入前の材料品質の確保のために、入荷した材料はすべて、入荷検査規定、計数抜取検査基準(ANSI/ASQCZ1.4準拠)、検査項目、合格品質水準(AQL)の規定に従い、検査・記録を行います。

2. 製程檢驗:
不良ゼロを達成するべく、生産過程においても、お客様ご指定の各検査内容に基づき、厳密な100%の検査を行い、生産過程における不具合や不良品の早期発見を心がけています。

3. 出貨檢驗 (FQC):

不良品の流出を防止し、高いパフォーマンスを維持するため、出荷前に完成品はすべてANSI/ASQC Z1.4表に則り、AQL=0.65の抜取検査を行います。

4. 不符合產品之管制:
不合格品の混入防止対策として、IQC、工程検査とFQCで、不合格品と判断されたものには、不合格のラベルを貼り、適切に隔離します。修復または全数検査の決定がなされるまでは、再利用が禁止されます。

5. 資料分析:
製品の品質維持のため、重要な管理・検査ステーションに材料と製品の品質特性を効率的に管理する統計・分析方法を確立しています。

6. 持續性改善:
品質マネジメントシステムの継続的改善のため、品質政策・品質目標、内部・外部検査、フィードバック、プロセス・製品審査などのデータ分析結果に基づき、是正と予防対策を講じて品質を改善しています。

7. 矯正和預防措施:
製造工程と品質マネジメントシステムにトラブルが発生した場合、原因を調査し、問題対応策の水平展開を行い、その結果を品質記録として保管します。同時に今後発生し得る潜在的なトラブルに対応するために、必要な予防対策を講じます。